湯船に浸かろう

 

 

忙しい毎日についついお風呂の時間を、シャワーで済ませている方が多いと思いますが、シャワーだけで済ましてしまうと身体が十分に温まらず、余計に体の熱を奪ってしまうのです。

体温が下がってしまうと基礎代謝が下がってしまい、病気になりやすい不健康な身体になってしまうのです。

 

疲れを癒して身体を温めるために大切な事の一つが湯船に浸かる事です。

 

湯船に浸かると言っても暑い湯船に少しだけ浸かっておしまいでは、身体の表面だけが一時的に温かくなり身体が心から温まる事はありません。

湯船に浸かる際にもっとも気持ちよくて、疲れが取れる温度はどのくらいかというと…

 

【体温+3から4℃程度のお湯】と言われています。

 

ですから、平熱が36℃台の人であれば、湯船の温度は39から40℃が適温となっており、平熱が35℃台の人の場合、湯船の適温は38から39℃、ということになります。

またこれからの寒い季節になりますと、42℃ほどの湯船に10分から15分程度首までしっかり浸かる方が冷え対策に有効です。

しかし人によっては10分以上浸かると「熱いな」とか「のぼせてしまう」と感じ、長くは入っていられない人もいると思います。

そんな時は湯船の温度を低く設定しておき湯船に浸かり、追い炊き機能を使い徐々に温度を上げていくとのぼせにくく、身体を温める事ができます。

 

また湯船に浸かってボーっとしている、スマホを持ち込んで音楽を聞いているだけでは、せっかくの湯船タイムがもったいないのです。

足の土踏まずを親指で軽くマッサージをしたり、ふくらはぎを両手で下から上へと優しく撫でてあげてください。

本格的なマッサージをしなくても大丈夫です。身体を優しく撫でて一日頑張った自分の身体にご褒美を上げてください。