毎日体温を測定する目的は?

 

皆さんは体温計で体温を測る時はいつですか?

生理が不順な方や妊娠を希望されている方は、毎日体温を測っていると思いますが、それ以外の方はちょっと熱っぽいから測ってみようという方が多いと思います。

毎朝体温を測って基礎体温を知る事が低体温の身体とサヨナラする第一歩です。

 

基礎体温ってなに?

基礎体温は身体の動きが一番安静な状態の時の体温で、基礎体温を測る時は朝目を覚ました時にそのままの状態で測って下さい。

 

なぜ体温を測るのか

海外では健康の為に毎日体温を測っているそうです。

毎日測る事で自分の体温の変化を早く知る事ができるので、風邪などの病気にも早く対応できるのです。

低体温であることに自覚が無い人もいますので、自分が低体温かどうかを知る為にも、毎日体温を測って下さい。

 

低体温とは

人間の本来の体温は36度から37度を保てるようになっており、一般的に体温が36度未満の事を「低体温」と言います。

 

低体温の症状は

手足が冷えやすい。

常に指先が冷えている。

太りやすい。

疲れやすい。

病気になりやすい。

などがあげられます。

よく癌が好む体温が35度と言われていますが、免疫力が落ち癌などの病原菌に対する抵抗が弱くなっているためです。

また身体が冷えていることで生理痛や生理不順の症状を引き起こす事もあります。

 

低体温の原因は

低体温の原因の殆どが生活習慣にあると言われています。

忙しい毎日で運動する時間がもったいない、忙しいから簡単に食事を済まそう、お風呂も簡単にシャワーで終わらそう、など現代の私たちに当てはまる事が原因となっています。

またファッション重視で寒い冬の時期に薄着になるのも、低体温になる原因の一つです。

 

低体温を改善するには

まずは生活習慣の見直しが必要です。

太るからと言って食事を抜くのではなく、一日の必要摂取カロリーをバランスよくとって下さい。また適度な運動で身体を動かす事で血行が良くなります。

入浴はシャワーで終わらすのではなく、しっかりと湯船に浸かって下さい。入浴の際に血行を良くしてくれる柑橘系の果物を入れるといいですね。

 

 

最近では子どもや男性にも低体温で悩んでいる人が増えてきています。

低体温は身体に百害あっても一利もありません。

体温を測る事で自分の身体の状態を知り、正常な体温で健康で充実した生活を送れるように生活習慣を見直してはどうですか?