体温を36.8度にしないといけない訳

 

50年程前の日本人の体温は36.8度あったと言われます。

しかし現代日本人は生活習慣や食習慣の変化で体温が36度にも満たない人が増えてきています。

【低体温】という言葉を聞いた事はありますか?

人の平熱と言われている体温は平均36.5度ですが、36度にもならない人の体温を【低体温】と言います。

体温が低いとどんな弊害があるかお伝えしていきます。

 

・病気になりやすい

人の免疫力は36度台で活発に働いてくれますが、体温が下がると免疫細胞が機能するために必要な温度が不足して、風邪などのウイルスや癌など病原菌と戦う白血球の働きが悪くなり、病気になりやすい身体になってしまいます。

また病気だけでなく血行も悪くなるので、むくみや腰の重さ、生理痛や生理不順などの症状を引き起こすこともあります。

 

・太りやすい

体温が低いと太りやすいと言われています。

人間の体温を維持するにはエネルギーが必要となり、このエネルギーは『基礎代謝』と呼ばれています。

体温が高い人はこの『基礎代謝』が高く一日のエネルギー消費量も多く、体温が低い人は『基礎代謝』が低くエネルギー消費量も少ないのです。エネルギーが消費されなければ、脂肪として体内に蓄積されるので、体温が低い人ほど太りやすいのです。

 

・老化が進む

基礎代謝が低体温で低下すると書きましたが、基礎代謝だけではなく『新陳代謝』も低体温によって低下していきます。

『新陳代謝』が低下する事により肌が荒れてしまい、肌のターンオーバーが促されずに肌の乾燥や老化をまねいてしまいます。

 

健康にも美容にも大敵である【低体温】ですが普段の生活習慣を少し変えるだけで防ぐ事ができます。

現代では忙しい毎日を過ごしている方が多くいると思います。

そんな忙しい時間の合間で、お風呂を簡単なシャワーで済ませてしまう方もいると思います。しかしシャワーでは疲れを取る事が出来ないのは勿論の事ですが、今の時期冷え切った身体を十分に温めてくれません。

なのでお風呂の時間は39℃から42℃の湯船にゆっくりと浸かり、体の疲れを取るとともに冷え切った身体を温めてあげてください。

これは忙しい一日を頑張ってくれた自分の身体へのご褒美です。

また身体を温めてくれる食物を採るようにしましょう。

今の時期に採れる野菜は身体を温めてくれる野菜です。旬の野菜を積極的に取っていきましょう。

 

現在の生活習慣を見直して健康で美しい人生を送りましょう。